【SIFY/インド】シフィテクノロジー(IT企業)の事業を調べてみた

2021年2月11日

引用:https://www.sifytechnologies.com/about-us/about-sify/

謎だらけでよくわからん。。

ググってもあまりSIFYの情報が出てこなかったので、僕なりに調べたことをまとめてみました。

SPONSORED

シフィテクノロジー基本情報

インド
ティッカー SIFY
社名 Sify Technologies Limited.(シフィ・テクノロジー)
設立 1995年12月12日
公式HP https://www.sifytechnologies.com/

はい、インドでございます。インドのIT企業でございます。

IT企業としてはそこそこ古く、1995年設立。今でこそインドもIT大国になってますが、26年も前のインドでこれはすごいですね。ウィンドウズ95が出たのか1995年なんで、日本だってまだまだな時期ですよ。

ちなみに社名の読み方について「サイファイ」と「シファイ」の2種類があるっぽいす。僕がメインで使ってるSBI証券でもサイファイテクノロジーとなっていたりシフィテクノロジーとなってたり、、。

シフィテクノロジー事業内容

総合ITということで、IT関連は幅広く手掛けています。

ちょっとHPを覗いただけでこんなに。Network Servicecs、DC Services、Applocation Services、Industriesgがあって、それぞれの中にまた大量に…。

引用:https://www.sifytechnologies.com/

ぶっちゃけ手広くやりすぎてて「逆に何やってるかよくわからない」状態になりそう。さらにどれが稼ぎ頭なのかは判別できないのですが、いくつかわかりやすいものを独断でピックアップ。

いや、ほんと一部です。謎多い。

ポータルサイト運営

インドで「sify.com」というポータルサイト運営しており、ニュース&エンタメ部門だとインド内で5番目に大きい規模の模様。

ニュースサイト運営

上記sify.comとかぶる部分もある気がするが、「samachar.com」というニュース特化サイトも運営。

レシピサイト運営

sify bawarchi」というレシピサイトを運営。日本で言うクックパッドみたいなもんだと思われます。

アプリ開発・運営

上記メディアのアプリ版。Androidアプリは見つかったのですが、iPhone版は見当たらず。日本と北米が特にiPhone人気なだけで、インド含め世界ではAndroid優勢ですしね。

インターネットプロバイダー

日本でいうニフティ、ソネット、OCNみたいなこと。1998年にインド初のプロバイダーを提供開始したと公式HPに書かれています。

eラーニング

ネットを活用した教育「sify elearning」を提供。VRなどを活用しながらオンライン授業、研修。

データセンター

インド国内に10箇所近くのデーターセンターを持っているようです。この自社データーセンターを使って、クラウド事業やサーバー事業もやっているのでしょう。

基幹システム

銀行/工業/医療向けシステムやオフィス向けERP

 

ここに載せたのはほんと一部です。先程も言いましたが、やってることが多すぎ問題。総合IT企業です。

上記のSIFY運営WebサイトにはAdSenseが貼ってあります。そしてインターネットプロバイダーとしての各家庭からの売上もあるでしょう。それでもBtoC(一般消費者向け)事業ではなく、売上の大半がBtoB(企業向け)事業から生まれていると推測しております。

クラウドやデータセンターが稼ぎ頭なのでは?

あのAmazonだって売上ベースだとEC(ショッピング)が大きいですが、利益ベースだとAWS(Amazonのクラウド事業)の方が儲かってますしね。

謎多き企業であるシフィテクノロジーですが、先日300株だけ購入。僕がお手伝いさせてもらった宅食サービスを買収してください笑

SPONSORED

メイン売上はデータセンター

【追記/2020年2月】

Twitterで言及されている方もちょいちょいいますが、やはりSIFYのメイン売上はデータセンター。

あらためて調べましたが、SIFYはGoogleのような検索エンジン事業はやってないです。ですので、Googleのように検索エンジンから莫大な収益を得ることはできません。

あくまでBtoB向けのデータセンターが主軸とのこと。シフィテクノロジー、今後注目。

SPONSORED

-仕事

Copyright© ぼんぼりーに , 2021 All Rights Reserved.