【要約】投資で一番大切な20の教え

2021年2月22日

世の中で何か起きているのか、その結果どのような状況になるのかを常に意識
本来の価値よりも安く何かを買うことは、何にも代えがたい魅力がある
市場のどこかに非効率性(ミスプライシング、本来の評価がされていない)を見つけなければならない
割安な資産を見つけるには、他の投資家より優れた洞察力が必要
本質的価値を正確に推計することが、投資の出発点
急ぎ過ぎは失敗も同然
バリュー投資家が最も高い利益を上げるのは、割安な資産を買い、まめにナンピン買いをしているうちに、価格が分析通りに上昇した場合である
投資は「いいものを買う」ではなく、「うまく買う」ことで成功する
価格が妥当かどうかを注意深く考えずに判断を下すのは愚かな行為
最良の投資方法は、暴落時にどんな価格でも売らなけばならない人から買うこと
将来の価格変動は、投資したいと思う人がこの先増えるか減るかで決まる
堅実な本質的価値の分析に基づく投資アプローチが最も信頼に足る
「資産を本質的価値を下回る価格で買う」これこそがカネ儲けをするうえで最も信頼性の高い方法
本質的価値を大幅に下回る価格で資産を買えば、高リターンと低リスクは両立しうる
投資を成功させるためのカギは反対の動きをする、つまり群衆から離れることにある
逆張りで動く。周りが嫌がってるものを買い、熱を上げているものを売る
ただし逆張りは、どんな時でも利益を上げるアプローチではない
他のものが気付いていない、あるいは評価していない(そして価格に織り込まれていない)資産の値打ちに目を向ける
投資の成功は、多くは挑戦的な逆張りで、居心地の悪さがつきまとう
買うことが心地よいと思えるようになったころには、超お買い得とは言えない
目標は優良な資産を見つけることではなく、掘り出しものを探し当てること。つまり、いくらで買うかが問題
掘り出し物が見つかる背景にはいつも非合理性、または(群衆の)理解不足が生じる
面倒を起こすのは知らないことではない、知らないのに、知っていると思い込んでいることだ byマーク・トウェイン
優れた投資パフォーマンスは、まわりよりも多くの情報量を持つことから生まれる
損失を出す資産をポートフォリオに入れない
同調と降伏を強いる群集心理には抗しがたく、これに抵抗することが、投資で成功するための必須条件となる
投資を成功させるためのカギは、観察と学習にある
下げ相場を生き抜き、その結果到達した「谷底」で買うことは、すぐれた成功の方程式
逆張りは、長期間にわたって孤独感と、自分が間違っているのではないかという疑念にさいなまれる
素晴らしい投資成績を達成するには、ほかの投資家が気付いていないことを学び、違うところに目を向け、より高い分析力を発揮しなければならない
群衆の輪に加わることは、悲惨な結果をもたらす方程式である
SPONSORED

-本の要約/格言

Copyright© ぼんぼりーに , 2021 All Rights Reserved.