子育てや仕事についてブツブツ言ってます

ぼんぼりーに

最近、仕事について考えることがよくある。

投稿日:

最近、仕事について考えることがよくある。

サラリーマン時代よりも稼げるようになって余裕がでてきたからなのか、特に考える。

働くとはなにか?

30歳をすぎると、大きく仕事に対する意識が同世代とも差が出てくる。

  • 不満を言う奴
  • 現状に満足してる奴
  • 満足していなくて何かチャレンジしようとしてる奴
  • すでにチャレンジしてる奴

など。年1~2回くらい地元で同級生と会う機会があるが、正直な所、話が会うのは1~2人しかいいない。仕事については。

もちろん馬鹿話などする分には全然楽しいけど、真面目な話となると、温度感がまるで違ってくる。

現状に不満を持っているのに転職しない奴。「転職したいんだけどね~」と5年も言ってる奴。まじでなんなんだろうか?現状維持してれば状況打破すると思っているのだろうか。

「おれを雇ってよ?給料いいの?」「なにかおいしい仕事紹介してよ」と平気で言ってくる奴もいるが、全然興味ない。というかちょっと腹立たしい面さえある。

なにかいい仕事を探しているのであれば、すべらない転職非公開求人の見つけ方というサイトなどを参考に、自分で探して欲しい。

そもそもここを人に頼っている時点で、本気ではないんだと思う。本気だとしても、たぶん転職した所で活躍できない。

何のために稼ぐのか?

独立したての頃は、日銭を稼ぎ、パンを食うために稼いでいた。

パンが食えるようになると、飲みや買い物に行けるようになり、生命保険だって入れるようになる。

そしてサラリーマンの時よりも稼げるようになり、ある程度余裕が出てくると目的を見失いそうになる。

あの車がほしい、などの物欲では長続きしない。

SPONSORED

幸せとはなにか?

何のために稼ぐのか?は、「なにが幸せか」に強くリンクすると思う。

お金があればあるだけ幸せではない、ということはよく言われるが、少しだけそう感じてきた。

たしかにある一定までは絶対にお金があったほうがいい。平均以上の幸せはお金がなんとかしてくれる。

でも残り10%を埋めるためには、お金ではないなにかが必要になるんだと思う。

規模が全然違いすぎるが、富豪ランキング世界1位になんども輝いたビル・ゲイツが慈善活動に懸命になっているのも、もしかしたら自身の幸せを求めている面もあるのかもしれない。

やりたくないことやってるヒマはない

本当にそうなのかもしれない。

1年なんてすぐ終わる。

残り50年もすぐに終わるかもしれない。

SPONSORED

-仕事

Copyright© ぼんぼりーに , 2019 All Rights Reserved.