【評判】茅場町の二郎系「トンキーメン」行ってきた!ちょい物足りない感あり

2018年8月2日

普段、茅場町で働いているのですが、無性に二郎系が食いたくなって調べました。

するとオフィスから歩いて数分圏内にあるではないですか!

ということで、トンキーメンに行ってきました。

お店情報

【店名】トンキーメン新川店

【住所】東京都中央区新川1-10-11 (←GoogleMap起動)

【営業時間】[月~金] 11:00~16:30 18:00~21:00 [土・祝] 11:00~15:00

【定休日】日曜日

こんな感じの外観。トンキーメンって「東京(トンキン)のラーメン」ってことなんですかね?

 

ニンニク入れますか?野菜を増しますか?よし、全部入れましょう。

なかなか挑発的というか、二郎系を知っている方なら二度見してしまうような看板です。

ニンニク入れますか?とかは聞かれますが、「よし全部入れましょう」なんて言われることないでしょ。実際に今回も言われてません。

 

セルフ、トッピングは先に

店内は壁際にカウンター席。ラジオBGMあり。

夫婦と思われる60代くらいの男女2人で運営。

 

メニューはこんな感じ。並で750円なので、普通かややちょい高いってとこです。

 

トッピングは二郎系ではスタンダードな、

  • ニンニク
  • 野菜
  • カラメ(濃いめ)
  • アブラ

の4つです。

トッピングは注文時、食券を渡したらにすぐ言います。カラメは席にタレが入ったボトルがあるので、それを自分で入れてカラメにします。

二郎系では珍しく?セルフスタイルなので、食券を自分で渡しに行って番号呼ばれたら取りに行くという流れです。

厨房と一体型になっているカウンター席ではなく、分離式の席なので、自分で "行く" という行為が発生するのです。

 

SPONSORED

麺は優しめ

ボックスティッシュ完備。待つこと5分。

 

並。いわゆる二郎系ですが、肉(チャーシュー)は普通でした。インパクトが足りません。

 

麺も細めでスルスル系。例えるなら、リンガーハットの長崎ちゃんぽんの麺のような感じ。

モチモチしてるっちゃしてるけど、二郎系としては優しめ。もっとネッチョリでもいいんですけどね、個人的には。

 

まとめ

二郎系食べる=イベント

とも考えてる僕としては、今回のトンキーメンはやや物足りませんでした。

二郎系なら「きっつ。もう食えないわ」くらいの破壊力がほしいのですが、割りとあっさり食えちゃいました。

まあビジネス街ど真ん中にあるので、午後の仕事にも支障をきたさないように配慮されているのかもしれませんが。

SPONSORED

-グルメ

Copyright© ぼんぼりーに , 2021 All Rights Reserved.