【要約】株「板読み」の鬼100則

アメリカの下げで安く始まる時は、リバ狙いで朝一で入る
板の変化は、ひと儲けの最高のツール
AM8:00~AM9:00は気配値、前日の大引け後のビッグニュースは8時の気配値に影響する
9時前、気配値として大口や仕手筋が大量の「売り」を入れてくることがある。ただこれは売りを誘うためのフェイクで、個人投資家に「逃げなければ」と思わせ売り注文させるのが目的。実際には9時直前に入れた大量の「売り」は取り消し、株価が下がったところで大口(仕掛けた側)がおいしく買う。見せ板。
特別気配:買いと売りが偏った時に取引所が勧める値段
機関や玄人はストップ高で、すでに売り逃げていることが多い
先物を動かして、日経平均も動かしてる可能性。先物は信用取引ができるので、少ない資金で動かしやすい
SQ(第2金曜日)のタイミングでは、板が通常とは異なる動きをする
テーマで動いてる時は必ず「出遅れのテーマ株」がある、ねらい目。
例)2021年秋、海運テーマがあがる→日本郵船が先に買われる、株価あがる→つづいて商船三井、川崎汽船が買われる(ねらい目ここ)
売りがどんどん湧いてきてストップ安になりそうな場合、成行ですぐ逃げる。指値なんかしてる場合じゃない
ストップ高に遅れて飛び乗るのは愚の骨頂
ザラ場では、成行注文は板に現れないから歩み値で確認。板に現れるのはあくまで指値
板に今まであった売り・買いが急に一気になくなる→成行注文の可能性あり
上がる銘柄は、動いてからの急な押し目で仕込む
早く乗って早めに逃げる。投資の基本スタイル
前に高値づかみした人の存在を意識すること
「過去の高値価格帯」で、売りが大量に出てくることが予測できる。売却の準備をしてる人が多数いる
「過去の高値価格帯」よりも少し下で利確する決断が大切、皆が売りたい価格の少し下で先に逃げる。自分の計画優先、自己都合は勝率が下がる
勝つ意欲は大して重要ではない。そんなものは誰もが持ち合わせている。重要なのは、勝つために「準備する意欲」である byボビー・ナイト
この銘柄はこうなるはずだと決めつけてはならない、板の情報で決断する
強い板だとしても無限に上がり続けることはない、ある程度の株価で売りが待ち受けている
板、歩み値、ローソクの3つを同時にチェックできる環境が望ましい
長い下ヒゲ=買いたい強気。ここで素早く買えると勝率高い
確率よく利益を出すには、大きく上げてる銘柄に飛び乗るのではなく、下げるだげ下げてきて、反発の買いが出てきた時が得策
株式投資で一番大切なのは、損を膨らませないこと
板だけ見てると方向感を見失う可能性あり、ローソク見ると俯瞰できる
ローソク大陰線(急落シグナル)では、素早く手仕舞う行動力が必要

板に特化した本ははじめて読んだ。よかった。学びが多かった。

見せ板というフェイク、高値掴みした人が売却準備してる、皆が売りたい価格の少し下で逃げるなんかは、これまで意識してなかった。でも考えればたしかにそうだ。

ただ内容が薄いというか、切り口もほぼ変わってないまま同じようなことを言ってるトピックがいくつか登場。

察するに著者自身も苦しかったんじゃないかな。鬼100則というシリーズ的に無理やりでも100個のトピックを作らなきゃいけないのだから。

個人的なことを言えばぴったり100じゃなくて87でも113でもいいから、過不足なく解説してほしいところ。でもこういうタイトルにした方が書店としても平積みしやすかったりと、売上が伸びるのだろう。

SPONSORED

-本の要約/格言

Copyright© ぼんぼりーに , 2022 All Rights Reserved.