【要約】板読み投資術

イレギュラーによって生じた株価のブレを取りに行くのが、トレードの基本
株価のほんの少し先の未来を先読みできるのが板情報
デイトレで大事なのは損失を限定すること、損失をコントロールしつつ利益を狙う
板読みで重要なのは、個人投資家の動き。アルゴ含めた機関投資家の動きではない
UNDER、OVERは気にしなくていい。現在の株価を中心に上下7本くらいが大事
短期トレードでは、最初に想定したリターンよりも少ないロスで損切りしないと、取ったリスクが見合わないことになる
ポンと株価が上昇したときに売って利益確定させるものだけを残していけば、自然と利益が積みあがっていく
調子のいい時ほど、ポジション管理に気を付ける
買い板が厚ければ、売りたいと思った時にいつでも売れる
短期トレードでのエントリーポイントは「強い板になったとき」ということに帰結する
9時10分を過ぎると、徐々に多くの投資家が参戦してくる
板のパターンは4つしかない、買い板の順張り・買い板の逆張り・売り板の順張り・売り板の逆張り
買い板の順張りが、圧倒的に勝率が高い ←売り手よりも買い手の方が素直だから
売り板の分厚いところ(売り指値注文が固まってる価格帯)を抜けると、株価はすーっと上昇していく可能性が高まる
小さな利益(+1%ほど)をコツコツ積み重ねるトレードは、マーケットのボラリティが高いと、せっかく積み上げた利益が一瞬で吹き飛ぶ。株価が安定した銘柄がいい
ルールは2つ。①買う時に、利益確定と損切りの場所を決めておく。②1日におけるロスカット最大額を決めておく。
大きく儲けることよりも、逃げられることがすごい。どのような状況でも無傷、またはかすり傷で逃げられるトレーダーが1番長生きしてる
含み損のオーバーナイト(翌日持越し)は厳禁
これはもうダメだという銘柄を、いきなりデイトレからスイングに切り替えるのは、ご都合主義。自分都合
デイトレで入ったなら、最後の最後までデイトレで対応する

よかった。とてもよかった。

 

調子のいい時ほど、ポジション管理に気を付ける

これとはちょっと違うが、当初予定していなかったのに、当日の値上がり率ランキングなんかを見て、安易に入っちゃうのも反省。

準備不足でしかない。

 

買い板の順張りが、圧倒的に勝率が高い ←売り手よりも買い手の方が素直だから

CISさんと同じだ。「上がっている株を買う。下がっている株は買わない。」

 

デイトレで入ったなら、最後の最後までデイトレで対応する

テスタさんも言っていた。「時間軸をブレさせない、変えない」

SPONSORED

-本の要約/格言

Copyright© ぼんぼりーに , 2022 All Rights Reserved.