ランニングで自由を拡張、食生活と仕事をアグレッシブに

マイランニングウェアたち

https://blog.tinect.jp/?p=72159

いい記事だった。いい、というか共感できることが多く、そして希望になった。

人間は健康でありたいのなら制限された不自由な食生活を選ぶか、運動して自由な食生活を選ぶのかの2つに1つである。

いま後者の生活をしていてとても楽しい。

以前は前者で、運動したくないから、炭水化物抜きとかお菓子食べないとかやってたけど、食事がつまらない。つまらないから続かない。続かないから効果でない(痩せない)、で、もういっか。となっていた。

 

かつてアップルのティム・クックを始めとする世の有名CEOがとんでもなく早起きしてジムで走ってから働いているという話を聞き、この人達はなんでこんなに過活動的なんだろうと思った事があった。

ほんとそう。ほんとにそう。

なんで走るの?って思ってた。でも今ならわかる。

全責任を負いながら孤独で戦うために効くのは、モチベーションがあがる映画でも、自己啓発の本でもお酒でもない。運動だ。

 

僕は以前はどちらかというと怠惰である事に自由を感じていたけれど、最近は活動でもって行動の自由を拡張させる事の方により自由を感じる。

とても幸せそうに見える成功者は、ただお金をいっぱい持っているわけではない。

みんなアグレッシブだ。家族も趣味も女の子遊びも。

 

知識社会である現代において、知は力である。

有益な知識を身につければ身につけるほど、僕の人生は僕が望ましいと思う方向に自分の意思でもって推し進める事ができるようになっていた。

かつてないほどに勉強した浪人時代を思い出したな。1年間息切れすることはなかった、不思議。

でも上記のことを信じていたからだと思う。ある程度の学歴フィルターを乗り越えないと、望ましい人生は難しいかもしれないと。

まあ学歴なんか新卒採用くらいしか関係なく、転職や独立市場では圧倒的に「個の仕事力」でしかない。と今は思うんだけどね。

 

まだまだ毎日走らないと気持ちが悪い境地には入ってないから、コツコツ頑張る。

ちなみに平日日中、仕事の合間に走るようにしたらうまいこといってる。

  • 平日の早朝は早起き問題
  • 深夜はその前にお酒飲めない問題
  • 土日は家族がいて自由に行けない問題

があるけど、平日日中がこれらをすべてクリアにしてくれる。

SPONSORED

-仕事

Copyright© ぼんぼりーに , 2021 All Rights Reserved.